大崩壊時代を生き抜く~新時代に向かって~

激減する関空の旅客便数から見る経済危機

関空

ブログランキングに登録しています。ぜひどちらもクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

泉佐野市議会関空りんくうまちづくり委員会で、関西国際空港の現況について報告がありました。

まちの雰囲気は、コロナを感じさせないような状況に戻りつつありますが、最も影響を受けているのが何かというのが関空の現況から見えてきそうなので記事にします。

まず旅客便数についてです。
国際線の旅客便数は下図のように推移しました。

国際線旅客便数 国際線旅客数
2019年8月 1410便/週 222万4千人
9月 1334便/週 187万6千人
10月 1282便/週 195万6千人
11月 1346便/週 198万人
12月 1389便/週 199万8千人
2020年1月 1424便/週 205万3千人
2月 928便/週 107万2千人
3月 320便/週 24万人
4月 37便/週 7千人

2月から激減しています。
インバウンドがどんどん伸びてきて、泉佐野市にはホテルが乱立するようになってきた矢先の出来事です。
また、大阪や京都にもインバウンド激減の影響は相当あると思われますので、この数字は国民ひとりひとりの自粛だけではなく、経済的には観光産業関連が最もダメージを受けていると言えるでしょう。

泉佐野市政においても、関空関連税収は相当大きいので、来年の税収にも大きな影響があると予測されます。(但し、税収が減った分は国から交付税で75%カバーされ、法人税の減額分は条件のいい補填債を発行でき、さらに返還額の75%を交付税算入されるようなので、相当額はカバーされます。※計算式は正確にはもっとややこしいようです)

 

国内線は下図のように推移しています。

国内線旅客便数 国内線旅客数
2019年8月 471便/週 65万6千人
9月 447便/週 59万4千人
10月 418便/週 56万5千人
11月 430便/週 56万5千人
12月 433便/週 55万4千人
2020年1月 441便/週 55万3千人
2月 442便/週 50万7千人
3月 440便/週 37万7千人
4月 200便/週 6万6千人


国内線も半減となっています。
5月以降の数字はまだわかりませんが、7月以降は国内線はある程度持ち直していくかもしれません。

しかし、国を挙げて、観光産業に力を入れてきましたから、様々な投資もあったところが一気に沈んだということで、相当苦しい状況に立たされている企業があると思います。
関空がどれほど伸びてきたかは下図を参照ください。

2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
総発着回数(万回) 10.8 12.9 13.3 14.5 16.9 17.8 18.8 19.0 19.6
外国人旅客数
(万人))
276 382 497 699 1100 1243 1501 1552 1468

昨年まで、かなりの勢いで伸びていたことがわかります。
この勢いで様々な仕事が生まれていたはずですから、激減の状況が続けばかなりの仕事がなくなる可能性があります。

しかも、本来なら東京オリンピック・パラリンピックがあり、さらに大きな需要を予測していたところでもあります。

 

しかし、旅客数は激減したものの、伸びているものも、関空の現況から見えてきます。

それは航空貨物です。
航空貨物便は激増しているようです。
下図をご覧ください。

貨物便(発着回数) 貨物量
2019年8月 1223回 6.2万トン
9月 1184回 6.5万トン
10月 1216回 6.7万トン
11月 1286回 7.1万トン
12月 1329回 6.7万トン
2020年1月 1092回 5.6万トン
2月 1106回 5.3万トン
3月 1509回 6.4万トン
4月 2002回 6.0万トン

これを見て、あれ?と思った方もいると思います。

貨物便が倍増しているのに、貨物量は変わらないじゃないかと。
私もネットショッピングや医療物資が伸びて、貨物便が増えているのだと思っていました。
(減っているものも多々あるので、それもあるようではありますが)

貨物量が変わっていないけれども貨物便が増えているのは、これまで旅客便で運んでいた分は貨物便数には含まれておらず、その旅客便が飛ばなくなったので、そこに積んでいた貨物がこれまでの貨物便だけでは運べなくなり、旅客便も貨物便として活用しているということのようです。

だから全体の貨物量は変わらなくても、貨物便が増えているのです。
でも貨物便が増えているということは、旅客がほぼストップしている空港にとっては、着陸料の確保となり、航空会社にとっても飛行機を稼働できることになります。

ただ、それが旅客をカバーしているかといったら、そこまでではなさそうです。

総発着回数(4月) 4411回(前年比-75%
うち国際線 2535回(前年比-81%)
うち国内線 1876回(前年比ー54%)

 

泉佐野市にとって、非常に危機的な状況となることが予測されるデータでありますが、インバウンド経済が好影響を与えていた大阪や京都、奈良などにも大きな影響が出ているものと思います。
全国の観光地に影響が波及するものとも思います。

飲食店等への自粛状況は改善しつつあり、全国的にも一旦経済の維持へと舵を切ったような雰囲気があるところですが、海外との関わりという観点では、まだまだ先は見通せない状況だと言えます。

おそらく、新型コロナウィルスのワクチンや治療薬が普及するまでは、海外に開く状況にはならないと思いますし、日本が安心できる状況になったとしても、海外各国でそれぞれ感染が収まるまでは、鎖国状態は続くと考えられます。

このような観点から、航空に関連する経済を元に戻すことは容易ではなく、業態の変化や設備投資の維持回収も簡単ではない分野であるのではないかとも思いますが、このような状況を見ながら、経済の動きを把握するとともに、空港のある泉佐野市としても、状況の改善を考えていく必要があると感じています。

 

ブログランキングに登録しています。ぜひどちらもクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で