泉佐野のことノート

事態は思っている以上に深刻

no more covid

おそらく、医療に余裕はそんなにありません。

 

現在ある病院の中で、感染症に対応できる病院の病床を確保したとしても、

そんなに多くを確保できるはずがありません。

当然ですが、通常時から今ある医師や看護師の体制は、

出来る限り赤字を出さないよう稼働率を高くしています。

逆に言えば、稼働率が低いのなら、医師や看護師が余っているのに給料を垂れ流しているような状況と言えます。

実際はそうではないから、通常時からそんなに余裕があるはずがないというのが現実です。

 

今、ホテルなどを利用して病床数を増やそうという議論が行われていると思います。

それは絶対に必要なことです。

今ある病院をコロナ感染者専用にするとしたら、他の患者を診れないということになるからです。

 

しかし、病床を増やした時、それに対応できる医師や看護師はどれだけ確保できるでしょうか。

私はそこに不安を抱かざるを得ません。

 

おそらく限界(医療崩壊)はすぐに訪れるのではないでしょうか。

 

さらに、今も医師や看護師の方々は、自分も感染のリスクを負いながら、

必死に対応してくださっています。

 

もしも、

その医師や看護師に感染者が出たら・・・

 

そうなればすぐに医療崩壊です。

 

一度崩壊したら、おそらく止まらないでしょう。

それが今の海外の状況なのだと思います。

 

では、どうするか。

そうなる前に止めるしかないのではないでしょうか。

 

感染者を増やさないこと。

言い換えれば自分が感染しないこと。

他人に感染させないこと。

それしかありません。

 

できなければ、地獄はすぐ目の前にあると思った方がいいと思います。

今は他国がそれを教えてくれています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で